クランベリーの尿phを酸性にする効果


愛するネコちゃんのためにクランベリーのキャットフードを与える理由を更に追及しましょう。クランベリーは、味はすっぱくて、ビタミンCも一杯含まれています。可愛いネコちゃんは、細菌やウィルスによって発症する尿結石は少なくて、ストルバイト尿石症、シュウ酸カルシウム尿石症がほとんどと考えてください。

年をかなりとったネコちゃんの場合では、シュウ酸カルシウム尿石症にかかるリスクも相当高いと考えてください。ストルバイト尿石症にネコちゃんがなんでなってしまうのかといえば、原因はいくつか考えることが出来ますが、おおかたは、尿phがアルカリ性に傾いていたり、マグネシウムの過剰摂取だったり、水をあまり飲まなかったり、ミネラルバランスが悪かったりということです。つまり飼い主さんが、ネコちゃんのキャットフードとしてクランベリーを与えることで、尿phを酸性にする効果が期待出来るのです。

特に飼い主さんに注意して欲しいのは、食事のあとネコちゃんの尿phがアルカリ性に傾きやすいことです。だから、最近ではクランベリー配合のキャットフードが増えてきたようですね。尿phを酸性に保つためには、キャットフードだけでなく、サプリメントも効果的です。

 

サプリメントも有効的

ネコちゃんにあげるキャットフードの中に、クランベリーが入っているものなら、そこには「キナ酸」という成分が含まれており、キナ酸が体内に入り「馬尿酸」へと変化します。その馬尿酸にはアルカリ性に傾いた尿を正常な範囲にもどしてくれる効果が期待出来るということです。

ただし、クランベリーのキャットフードに効果を期待し過ぎるのも禁物と言いますので注意をしましょう。なぜならクランベリーにストルバイト結晶を溶かす効果がストレートに期待出来る訳ではありません。そこで過信しすぎず普段から尿phの測定や病院でのチェックすることも大事ですし、日頃、しっかりネコちゃんの様子を監視する姿勢が大事ではないでしょうか。愛するネコちゃんの様子がおかしいと思えばすぐに病院へ連れて行く習慣を身に付けてください。

そして、ネコちゃんにキャットフードだけでは尿phが安定しないような場合、サプリメントも有効的に利用することをおすすめします。サプリメントによって、尿phを適正値に安定させることができる場合だって充分の考えることが出来ます。例えば、チキンフレイバーを配合し、嗜好性を高めたクランベリーサプリメントなどがあります。直接サプリメントを与えたり、キャットフードにかけてあげてください。

キャットフード


可愛いネコちゃんのために、どのようなキャットフードを与えればいいかということも、飼い主さんは真剣に考えていかなければならない問題です。飼い主さんが、愛するネコちゃんに「クランベリー」のものを与えるのはちょっと拘り過ぎなのでしょうか。ただし、可愛いネコちゃんが、ストルバイト尿石症にかかる率が非常に高いと言われているのをご存じでしょうか。

ネコちゃんの尿石にいくつかの種類がありますけれど、代表的なものとして、マグネシウム由来のストルバイト(リン酸アンモニウムマグネシウム)と、カルシウム由来のシュウ酸カルシウムの2種類があります。成猫期に多いストルバイトはpH値が6.6以上で結晶化しやすいと言われています。

可愛いネコちゃんが、そのような症状にならないように守ってあげなければならないのは飼い主さんの役目です。今、ストルバイト尿石症予防として注目を浴びているのか、クランベリーということなのです。もう既にみなさんはクランベリーという名前を知っているでしょうけど、クランベリーには尿を酸性にする効果があるということは聞いたことがないでしょうか。

そこで、あまりクランベリーの知識を持っていない方々は、クランベリーが何かということにまずは詳しくなってください。クランベリー、それは、ベリー類でありブルーベリーなどと同じものです。赤い実をしていて、そこにはアントシアニン色素が一杯含まれています。ビタミンCも豊富ですっぱい味です。

カレンダー

2017年11月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿

リンク